調剤薬局事務の求人をお探しの方へ

調剤薬局事務は、薬剤師や看護師とは異なり、資格が無くても働くことはできます。しかし、最近の医療業界を見ていると、医療分業の影響もあり小規模な調剤薬局が増加、即戦力として働ける人材を優遇する傾向が強くなってきました。

薬

 

これから調剤薬局事務を目指す方は、レセプト作成などの業務に必要な最低限の知識とスキルを証明するためにも事前に資格を取得しておくことをおすすめします。

 

 

資格を取得するメリット

現在、調剤薬局は全国に約5万店舗あり、コンビニエンスストアの約4万店舗を超える店舗数となっています。

 

それに伴い、調剤薬局事務や薬剤師といった薬局に関わる仕事の需要も高まっており、資格を取得することで就職・転職活動をする際も有利に進めることができます。

 

薬局の仕事は全国共通ですから、専門的な知識を学び、スキルを身につけることによって、全国どこにいても仕事に困ることはない、といっても過言ではありません。

 

資格取得を目指す方におすすめ

ブラッシュアップ画面 ブラッシュアップ文字
「ブラッシュアップ」を活用すれば、評判の良い「ニチイ」「ヒューマンアカデミー」「日本医療事務協会」など調剤薬局事務講座の資料を一括請求することができます。講座にはそれぞれ特徴があり、受講料やカリキュラムにも違いがありますので、事前に調べて自分に合った講座を選びましょう。資料には、テキストや受講料だけでなく、実際に職場で働く人の声や体験談なども豊富に掲載されているのでとても参考になります。

詳しい資料ボタンブラッシュアップ詳細

 

調剤薬局事務の求人情報

 

現在、医療分業化により、調剤薬局の数はコンビニよりも多いと言われています。また、調剤薬局事務のスキルは全国共通なので、一度身につけてしまえば、再就職する時など一生のスキルとして役立ちます。

 

調剤薬局店舗

調剤薬局事務の正職員として働くことはもちろん、パート・アルバイト・派遣などの様々な働き方が出来ますので、「結婚や出産で仕事を離れても復職がしやすい」「長く安定して働ける」などの理由から、特に女性に人気のある職業だといえるでしょう。

 

調剤薬局事務の求人情報は、新聞や雑誌などの求人欄で探すことはもちろん、求人サイトに登録をして仕事を紹介してもらったり、直接近くの調剤薬局にスタッフを募集していないか問合せてみるのも1つです。

 

希望の求人情報を見つけるために

自分が希望する求人を見つけるために、最も大切なことは「情報収集」です。おすすめは、転職・派遣紹介会社に無料登録をしておいて、自分の条件にあった求人募集があった際に、採用情報を送って貰い、気に入った薬局に応募をするという方法です。

 

当サイトで紹介する求人サイトでは、毎日新着で求人募集が掲載されるので、自分の希望にあった求人情報を効率良く見つけることができます。なお、求人サイトを選ぶ際に気をつけるべき3つのポイントは、「求人数の多さ」「豊富な実績」「利用者の口コミ満足度が高いこと」になります。これらの条件を満たした評判の良い求人サイトをご紹介します。

調剤薬局事務の求人サイトランキング

カイゴジョブ

POINT1 調剤薬局事務の好条件求人案件あり

POINT2 匿名情報公開スカウト制度あり

POINT3 Webで簡単に転職活動ができる

POINT4 簡単会員登録、もちろん無料!

会員数

対応エリア

探せる仕事

運営会社

30万人

全国

調剤薬局事務・医療事務・介護・福祉職など

株式会社エス・エム・エス
インディビジョン

POINT1 主要転職サイト・人材紹介会社・ハローワークの求人すべて掲載

POINT2 ハローワークを含むすべての求人にWebから応募が可能

POINT3 簡単会員登録、もちろん無料!

求人数

対応エリア

探せる仕事

運営会社

340,261件

全国

全業種

潟Lャリアインデックス

ジョブセンス・リンク

POINT1 業界トップクラスの求人案件数

POINT2 最大10万円の転職お祝い金制度あり

POINT3 スカウトや履歴書保存機能あり

求人数

対応エリア

探せる仕事

運営会社

約20万件

全国

全業種

潟潟uセンス

 

 

 

 

【当サイトについて】

「調剤薬局事務として働きたい」「調剤薬局事務の資格を取得したい」と考えている場合には、まずは勤めたいと考えている調剤薬局に患者として訪れてみましょう。調剤薬局事務の働きぶりを観察してみると、どんなことをしているかが分かります。調剤薬局に患者としていくには、処方せんが必要です。処方せんは、発行して3日以内であれば、どこの医療機関のものでも構いません。調剤薬局には、処方せん応需の義務といい、患者さんがお薬を希望する時には必ず受け付けなければならないという決まりがあるからです。まずは、調剤薬局近くの医療機関が何かを確認しましょう。調剤薬局に訪れる、主な患者層を知ることが出来ます。内科であれば、患者は高齢者の方が多いです。小児科や耳鼻科であれば、患者は小さい子どもが中心です。次に、調剤薬局事務の働きぶりを観察してみましょう。処方せんの受け取り時はどんな様子か、レセプトを入力している人数は何人くらいかなどです。また、調剤薬局によっては、処方せん受け取り、レセプト入力、会計と役割分担をしているところもあるので、そこも確認しておきます。また、店内の様子を見てみましょう。棚にホコリがたまっていたり、室内の隅にゴミが落ちているような調剤薬局であれば、衛生的とは言えません。また、トイレもきれいに掃除されていなければ同様です。掃除も調剤薬局事務の仕事の1つですから、きれいとは言えない環境であるということは仕事が出来ていないと言えます。最後に、調剤薬局事務で働く人本人を見てみます。髪や爪の長さが適切か、言葉遣いが丁寧かを観察してみます。私語をしているなどは言語道断です。将来一緒に勤めることになるかもしれない人ですので、どんな様子の人かきちんと見ておくと、入社した時にトラブルになりにくいかもしれません。調剤薬局で働くかもしれないという目で薬局内を見ると、今までと違った見え方がしませんか?このような観察を繰り返すと、自分が働きたい薬局が見つかるかもしれません。また実際に働いている姿を見ることで、今後、調剤薬局事務資格取得を目指すうえで学習する、診療報酬・調剤報酬・医療保障制度・薬剤計算・調剤録作成・調剤報酬点数表の理解などを深めることに役立つでしょう。調剤薬局事務は、女性、特に主婦に人気が高い職業になります。他には、女性に人気のある資格として、医療事務資格・介護事務・介護職員初任者研修資格(旧・ホームヘルパー2級)・ケアマネジャー等が挙げられます。

更新履歴